頑張りマン

私は頑張りマンでいることが大好きでした!

だってね

頑張りマンなら
みんなが認めてくれるからさ。

頑張りマンなら
必要とされるからさ。

頑張りマンなら
生きている感じがするからさ。

そう思って
信じてましたから。



まだまだ頑張りが足りない半人前の頑張りマンは
一人前の頑張りマンになるために
頑張り
頑張り
頑張りまくりました!


でも
頑張りマンは心を病んで
どんどん頑張れない頑張りマン。。。
頑張りマンでいられないことが罪悪感で堪らなかった。

頑張れないなら
一層頑張りマンをやめたくなりました。
頑張りマンどころか
人間でいることを、ここに生きていることさえ
やめたくなりました。


でもね。。。
やめたいのにやめられない自分がいました。
死にたいのに死にたくない自分がいました。どこかに希望をもっていたから。


頑張りマンでなくなると
私を認めてくれなくなるんじゃないか。
私を必要としなくなるんじゃないか。
私は生きている実感がなくなるんじゃないか。

頑張りマンでいたくないのに
頑張っていないと怖い私がいました。

怖いながらも
頑張らない努力をするようになりました。
そう、それって
頑張らないことを頑張るようになっただけ。

死んでしまったら
誰も私のことなんて覚えてくれてないのは辛いから頑張らないと…。

どんどん力が入っていき空回りしていきました。

何かが違う~!
助けて~!
心は叫んでるけど
誰にも気づかれたくもなかったのです。

私は自分が嫌で
とにかく変わりたかったから
何かを変えようと
『頑張れ』という言葉を人へ使わないことから始めました。
私の辞書から『頑張る』を無くすことにしました。
段々自分へも
口にもせず、文字にもしなくなりました。

それは
私が頑張りマンな上に
人から「頑張れ!」って言われて
苦しくなっていたから。

すると
『頑張る』意識は少しずつなくなっていき
頑張りマンでなくなり
怠惰マンやドジマンに変身することがありました。
怠惰マンやドジマンな私は許せませんでした。

やっぱり頑張りマンが良かったのかもと
何度も戻ることを考えましたが
踏みとどまりました。

それはナゼかというと
頑張りマンでなくなったほうが
周りに素敵な人が集まってくるようになりましたから。

あれ?!
なぜ?

あれ?!
頑張りマンじゃない方が
好きなこと出来るようになった?!

あれ?!
頑張りマンじゃない方が
肩が軽くなってる?!

あれ?!
頑張りマンじゃない方が
人間関係がうまくいく?!

あれ?!
頑張りマンじゃない方が
頼れるようになって
楽になったよね?!

あれ?!
頑張りマンじゃない方が
人生もうまくいく?!

あれ?!
頑張りマンじゃない方が
喜びが増えたんじゃない?!

一度上手くいくことを経験したら
安心して
頑張りマンでいる必要がなくなりました。

頑張りマンも経験して良かったけど
もう今が楽しくて
頑張りマンに戻りたくありません。
もう怠惰マンやドジマンも
怖くありません。



こうやって
頑張りマンでいることを
やめたのでした。

頑張りマンな私にもありがとう❤

美礼道レッスン

グラウンディングをし 丁寧に美しく 喜び生きる世界へシフトしていく Lulu舞yogaスピリットを お伝えしています❤

0コメント

  • 1000 / 1000